タイトル画像

クララ

2016.06.20(07:00) 8075

林道沿いに生えているクララ、普通日当たりの良い山地の草地に生えるので林道沿いではあまり見かけませんがここでは多少生えています。

クララ

総状花序、先端は花として現役ですが下の方はもう終わり、果実が生り始めています。

クララ

白い花弁がやや薄緑がかっていてますます地味、萼片も薄緑色だが基部の方はハッキリ緑色。

クララ

蝶形花も色も模様もなんもなし、中央に見えているのは葯のようです。

クララ

花弁を引っ張ってみたらスポッと抜けるかと思ったが途中で千切れてしまった。

クララ

筒状にまとまった雄しべの中から雌しべが突き出ている、柱頭が随分小さい。

クララ

花弁が散り果実が伸び始めていますが先端に花柱がそっくり残っています。

クララ

奇数羽状複葉、小葉の数は多い。

クララ

マメ科クララ属

(6月11日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<コクラン | ホームへ | テイカカズラ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する