タイトル画像

ミクリ

2016.06.24(07:00) 8086

川面一面に広がっているミクリ

ミクリ

水中から伸ばした葉は高さ1m以上

ミクリ

茎の上部に花序を付ける。下の方に雌性頭花、上の方に雄性頭花、雄性のほうが数が多い。

ミクリ

クリの毬のような雌花、これから実栗と名付けられた。

ミクリ

突き出ているのは柱頭、その下に緑色の子房が見えている。

ミクリ

こちらが雄花

ミクリ

上の方ではまだ雄しべが未熟で葯が大きく黄色い、こちらの方が雄花らしく見える。

ミクリ

ミクリ科ミクリ属

(6月11日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<トウコマツナギ | ホームへ | 一時湖>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する