タイトル画像

タイサンボク

2016.06.28(07:00) 8101

植栽ですがタイサンボク、この前日に友達のブログで見ていたばかりなのでこれも何かの縁と撮ってみました。北米原産で明治初期に渡来、公園などでよく植えられています。

タイサンボク

間に水路があって近寄れなかったけど花が大きいので全く問題なし、やはり華やかですね。

タイサンボク

咲いたばかりの状態、円錐状の仮称に雌しべと雄しべが螺旋状につきます。上半分に見えているのが雌しべで下側が雄しべ、これはまだ熟していないようです。

タイサンボク

萼片はなく花被片が9枚、内側の3枚がやや小さいようです。

タイサンボク

時間が経つと花が更に開いてきて雄しべも落ちています。

タイサンボク

花被片がすっかり脱落、雄しべはまだ残っていますがこれも早晩落ちて雌しべだけが残ります。

タイサンボク

長楕円形の葉、全縁で縁がやや内側に巻く、表は艶があリ裏側は赤っぽい。
ブログを始めた頃2度ほどアップしていてその頃はしっかりタイサンボクだと認識していたのですがずっと見ていない内にいつの間にか脳内でホオノキと混同してきていたようです(^^;)

タイサンボク

モクレン科モクレン属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<チシャノキ | ホームへ | ナンテン>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する