タイトル画像

ノギラン

2016.07.04(07:00) 8119

暫く前から蕾をつけた茎を伸ばしていましたがやっと咲き始めたノギラン

ノギラン

この日は午後から晴れ間が広がり蒸し暑かった。もう台地の上を歩く時は飲み物と帽子が必須です。

ノギラン

花の色は地味だけど大抵緑色の笹原の中から突き出ているから目立ちます。

ノギラン

花被片は6枚、雄しべも6本、しっかり開いていますが雄しべの葯は白く熟してないようです。

ノギラン

熟すと葯がオレンジ色になってきます。花柱の下部が広がり子房に繋がっていてとっくり型、境目がよく分かりません。

ノギラン

こちらは別の株、苞葉が2枚あります。

ノギラン

柱頭がテカっているのがわかります、3裂しているようです。

ノギラン

花の時期に根生葉が残っている。

ノギラン

同属のソクシンランと似ていますがこちらの方が幅が広く大きい。

ノギラン
(7月1日撮影)

こちらは花茎を伸ばし始めた頃のノギラン、ショウジョウバカマとよく似ていますがショウジョウバカマは葉の中心から花茎が立ちますがこちらは脇から出ています。

ノギラン蕾
(5月18日撮影)

キンコウカ科ソクシンラン属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ヒナノシャクジョウ | ホームへ | サフランモドキ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する