タイトル画像

カラタチバナ

2016.07.14(07:00) 8136

まだ固く小さな蕾だったカラタチバナ、去年の実がまだ残っていますが小さくて鳥のお気に召さなかったらしい。この後来る度に確認していたのですがなかなか咲かず

カラタチバナ蕾
(6月11日撮影)

凡そ一月後やっと咲いてくれました、もう確認に来なくてもいいなと思ったのが正直なところ(笑)

カラタチバナ

葉腋から散形状に花を付ける、ここのは葉と葉の間隔が随分つんでます。

カラタチバナ

花は概ね下向きなんですが何故か一つだけ上に伸びて横向きになっている花があります。ネットで見てもこんなのがあるようでこれだけではないみたい。

カラタチバナ

花柄が出る位置も他とは少し離れているような、何か別の役割があるんでしょうか。

カラタチバナ

凛とした美しさ、虫に食われた跡があるのが玉に瑕

カラタチバナ

花弁は少し反り返る。

カラタチバナ

球状にまとまった葯と太く短い花糸、細く突き出た雌しべとこの仲間はどれも同じ構造。

カラタチバナ

狭卵形~披針形の葉、8-20cmと長い。

カラタチバナ

波状の鋸歯、縁に黒点がある。

カラタチバナ
(7月6日撮影)

サクラソウ科ヤブコウジ属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<オオバノトンボソウ | ホームへ | サワオトギリ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する