2016. 07. 16  
6月下旬見に来たけどまだ咲いているとは言えなかったタカトウダイ、もう大人の背丈くらいに伸びていたんですけどね。

タカトウダイ蕾
(6月23日撮影)

2週間後来てみたら無事咲いていました、開花はもっと前だったろうな。

タカトウダイ

茎頂で3-7本の花序枝を出す、その数に応じて茎葉も同数が輪生する。

タカトウダイ

花序枝の先端も大抵3本分かれて先端に花を咲かせる、こちらの茎葉も3枚。

タカトウダイ

左右に広がるのは苞葉でその間にトウダイグサ科らしい花を咲かせる。黄色いのは腺体で雄しべも見えていますがそろそろ終わりかな、下側に突起のある子房その先に雌しべ、3本あり先端が2裂している。

タカトウダイ

茎頂の花序枝の中央に腺体が生じているのがありました、本来なら機能しない遺伝子が働いたかな。

タカトウダイ

他の花序枝でも腺体が出ているのが幾つかありました。

タカトウダイ

葉は互生で披針形~楕円状倒披針形、微細な鋸歯がある。

タカトウダイ

茎には短い軟毛が生える。

タカトウダイ
(7月6日撮影)

トウダイグサ科トウダイグサ属
NEXT Entry
オオシシウド
NEW Topics
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
ギンリョウソウモドキ
キクアザミ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
花の構造
こんにちは。
タカトウダイの花は最近見たばかりです。
面白い花の形だなぁ と 思っていたら、こちらでわかりやすく説明されていたので、その部分を引用させていただきました。

同じものを見ていても全く別次元の世界!
蟹さんの観察眼の鋭さと ズーム写真には、いつも驚かされます。 o(*'o'*)o
ベルルさんへ
トウダイグサ科の花は割と同じような構造をしているので一つ覚えれば分り易いかなと思います。
でも複雑ですけどね(^^;)
まず花を撮って全体を撮って識別ポイントを撮ってが定番コースだけど撮り忘れることもシバシバです。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR