タイトル画像

ヒメヒオウギズイセン

2016.07.17(07:00) 8145

すっかり野生化しているヒメヒオウギズイセン、ヒオウギズイセンとヒメトウショウブとの交雑によって作られた園芸種だそうですがもう植えられている方が滅多に見かけません。

ヒメヒオウギズイセン

下から咲き上がっていく花、花序枝の途中で枝分かれしているのもあります。

ヒメヒオウギズイセン

それにしても派手な花ですね。

ヒメヒオウギズイセン

朱赤色の花被片基部が黄色になり更に基部の斑紋が強調されています。蜜標でしょうが果実は殆どできないとか。

ヒメヒオウギズイセン

雄しべは3本、雌しべは1本で柱頭が3裂。

ヒメヒオウギズイセン

扇状線形の葉。

ヒメヒオウギズイセン

アヤメ科ヒオウギズイセン属

(7月6日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ササバランその2 | ホームへ | オオシシウド>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する