2016. 07. 23  
オオキツネノカミソリは台地上の窪地が一番の群生地ですが麓でも所々で見かけます、これは田んぼ脇に咲いていた。ヒガンバナの仲間ですがヒガンバナは花の後に葉が出てくるけどこちらは花の前に葉が出てきて花期には見られなくなります。

オオキツネノカミソリ

キツネノカミソリに比べて蕊が花冠の外に突き出る、西日本に多いそうです。

オオキツネノカミソリ

前のは色がだいぶ薄くなっていますがこちらが本来のオレンジ色の花被片

オオキツネノカミソリ

長く突き出た6本の雄しべと雌しべ、大きさの違いのない花被片と言い古い分類ではユリ科になっていたのも納得

オオキツネノカミソリ

こちらが台地上、毎年出てきますが年によって分布域が大きく異なりこれはほぼ一番上辺り、早々に見つけたので下の降りるのは止めてしまった。

オオキツネノカミソリ

花に雨滴が付いている、地面が濡れているとここの坂を降りていくのは少々つらい。

オオキツネノカミソリ

ヒガンバナ科ヒガンバナ属

(7月15日撮影)
NEXT Entry
アキカラマツ
NEW Topics
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
ギンリョウソウモドキ
キクアザミ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
オオキツネノカミソリ
平家蟹さん今日は。
オオキツネノカミソリもキツネノカミソリも大好きです。
オオキツネノカミソリは高縄山(約1000m)の頂上付近で群生しています。
キツネノカミソリはその山裾に群生していますがこの頃山に登っていないので観ていません。

かなこさんへ
キツネノカミソリとオオキツネノカミソリが同じ山に生えているんですか、面白いですね。
オオキツネノカミソリの方が山頂なんですか、涼しいのを好むのかな
でもオオの分布は西日本だからそんなわけでもなさそう。
キツネノカミソリはまだ見たことがありません。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR