タイトル画像

ヒナノシャクジョウその2

2016.07.31(07:00) 8189

薄暗い臨床に咲いていたヒナノシャクジョウ、7月4日アップしたのとは別の場所で今年は随分多く咲いていた。

ヒナノシャクジョウ

1,2cm程度の茎を伸ばして頂部に花を付ける、茎の節毎に鱗片状になった葉が残っています。菌従属栄養植物なのでもう葉は意味を成さないんですけどね。

ヒナノシャクジョウ

数個の頭花を付ける、大抵斜め上に伸びています。

ヒナノシャクジョウ

花が開くと花筒内側の黄色が綺麗、薄暗くてブレ写真量産、多数撮ったのに使えるのは僅かだった。

ヒナノシャクジョウ

大きな外花被片と小さな内花被片が3枚ずつ、雌しべは3裂するそうなので内側に見えているのは柱頭でしょうか。

ヒナノシャクジョウ

ヒナノシャクジョウ科ヒナノシャクジョウ属

(7月20日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<ホンゴウソウ | ホームへ | ヤマニガナ>>
コメント
平家蟹さん今日は。
珍しい植物ですね。
湿地に咲く不思議なお花でした。
名前も初めて聞きました。
見て見たいものです。
ギンリョウソウしか知らない私ですので視野が広がりました。
【2016/07/31 10:52】 | かなこ #- | [edit]
特に湿地というわけではないですが湿っぽい場所ですね。
沢山咲いていると地面に金平糖をバラ撒いているようです。
群生している場所に行けばすぐ分かりますがそうそう出会える花ではないでしょうね。
【2016/07/31 18:56】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する