タイトル画像

カラムシ

2016.08.10(07:00) 8224

水路の擁壁に生えていたカラムシ、これは撮りやすいわと思わずパチリ

カラムシ

上の方に雌花序、下の方に雄花序を付ける、これは雌花序が赤っぽくて分かりやすい。

カラムシ

下の方の雄花序

カラムシ

雄花は雄しべ4本、花被片4枚、中央に突起のようなのが見えていますが雌しべの痕跡でしょうか。

カラムシ

上の方の雌花序、茎には寝た短毛が密生。

カラムシ

雌花は球状となり多数の花柱が出ています。

カラムシ

中間辺りでは雄花序と雌花序が同じ葉腋から出ていました。

カラムシ

すぐ側の株は雄花序だけのようにも見えます。

カラムシ

葉は広卵形で葉柄が長い、先端が尖り鈍鋸歯がある。

カラムシ

裏面は綿毛があって白くなります、白くならないのをアオカラムシといい茎や葉柄に開出毛が密生しているのをナンバンカラムシという。

カラムシ

イラクサ科ヤブマオ属

(7月25日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<セイヨウオトギリ | ホームへ | カラスザンショウ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する