タイトル画像

アイノコセンダングサ

2016.08.21(07:00) 8269

もうアイノコセンダングサが咲いていた。

アイノコセンダングサ

舌状花のないコセンダングサと舌状花が目立つコシロノセンダングサの雑種と推定されまさしく舌状花がその中間

アイノコセンダングサ

総苞はカップ型、毛が生えている。

アイノコセンダングサ

葯筒から出た柱頭、2裂して毛が生えている。

アイノコセンダングサ

既に果実が出来ている、球状に広がっているから花はもっと前に咲いていたようだ。

アイノコセンダングサ

痩果先端の棘は冠毛が変化したもの、普通3本、更に逆向きの棘も生えていて強力なくっつき虫となります。

アイノコセンダングサ

葉は羽状に全裂、暑さのせいかクタッとなってます。

アイノコセンダングサ

キク科センダングサ属

(8月13日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<オトコエシ | ホームへ | イシミカワ>>
コメント
平家蟹さん今日は。
アイノコセンダングサと言うのですね。
以前3種並べて交配種としましたが ちゃんと名前があったのですね。
今度見つけたらそう書きます。
メモしました。
有難うございました。

イジミカワの実が好きです。
【2016/08/21 09:58】 | かなこ #- | [edit]
私も大分前にブロ友さんに教えてもらいました。
舌状花の様子がいかにも交雑種ですね。

イシミカワの花はすごく地味ですが実は綺麗ですよね。
今年の秋には是非見てみたいものです。
【2016/08/21 19:50】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する