2016. 08. 26  
葉先が尖っているのでミヤマフユイチゴ、として撮ってみた。

ミヤマフユイチゴ

花弁が萼片より小さい、確かに小さそう。

ミヤマフユイチゴ

萼片が反り返っているので花弁と比較しにくいけどやはり小さいかな。雌しべの長さが雄しべより少し長い程度だけどこれはフユイチゴ並みに長い、でもこの特徴は書かれていないサイトも多くて一般的ではないのかな。

ミヤマフユイチゴ

萼片外側は無毛、短毛が生えていると書かれているサイトも有る。少なくともフユイチゴのように長毛が密生はしていない。

ミヤマフユイチゴ

こちらは別の場所

ミヤマフユイチゴ

葉先が尖っているがフユイチゴでもこの程度は普通

ミヤマフユイチゴ

雄しべの中から雌しべが殆ど出ていないのでミヤマフユイチゴだと思ったのですが

ミヤマフユイチゴ

花弁は大きそう

ミヤマフユイチゴ

花弁と萼片はほぼ同長かな、萼片も短毛のようだ。

ミヤマフユイチゴ

開いた花だと毛の生え具合が分かりにくいですが蕾だと短毛が生えている様子がわかる。これはどちらもフユイチゴとミヤマフユイチゴの交雑種アイノコフユイチゴかもしれない。

ミヤマフユイチゴ

バラ科キイチゴ属

(8月18日撮影)
NEXT Entry
ハッカ
NEW Topics
ノコンギク
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
ミヤマフユイチゴ
平家蟹さん今日は。
ミヤマフユイチゴとフユイチゴは近くにあるのでしょうか??。
その違いがよく判りました。
今度見る時は気をつけて見てみます。
全てフユイチゴでUPしていました。

ボタンズルはやっぱり高縄山にありました。
我が家はセンニンソウの方です。

メハジキの新芽をUPして見ますね。
かなこさんへ
フユイチゴとミヤマフユイチゴは同じ場所に生えていることも多いですね。
交雑しやすいそうで両方の性質を持っているのも多いようです。
区別する際はややこしいですけどね。

ボタンヅルはツル性なのでスルに点々のズルじゃなくツルに点々のヅルの方が良いと思います。
こんばんは~♪
平家蟹散、涼しいでしょ ^m^
お昼から一気に気温が下がって、寒いくらいです。

>雄しべの中から雌しべが殆ど出ていないのでミヤマフユイチゴ
これ、新しい発見。いままで考えたことなかったけど、すごい。アイフユだとどうなるのかな?ちょっと長いとか^m^
ありがとう!
pandaさんへ
ミヤマフユイチゴの雌しべが短いのは重要な区別点だと思っていたけど書いているサイトはあまりないですね。
正しいかどうかは別問題ヾ(^^;)自信ないぞ
フユイチゴとミヤマフユイチゴの区別点は幾つかありますがその両方を一つでも持っていたらアイノコでいいとか。
そういう考えからすればアイノコは随分多いような気がします。

こちらも今日は曇り空で気温は高くない、でも湿度が高いから涼しいとまではいかず(^^;)
明日はひっさしぶりに1日雨の予報、これを機会に涼しくなってくれたらいいな。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR