タイトル画像

ナンバンギセル

2016.08.28(07:01) 8292

遊歩道脇にナンバンギセルが咲いていた、この場所は草刈りされていたけどその後から出てきたのかな。

ナンバンギセル

それにしてもいい色合い、萼が淡褐色だから余計そう感じる。

ナンバンギセル

恒例内部覗き(笑)、大きな柱頭が見えている、切断して内部を見たかった。

ナンバンギセル

イネ科の単子葉植物に寄生するそうで秋吉台では大抵笹薮の中で見られます。

ナンバンギセル

葉は無いから光は必要ないだろうけど昆虫が訪問する必要があるだろうから笹薮の奥に生えることはなさそう、その分観察する側としては助かる。

ナンバンギセル

単独で生えることはあまりなく大抵まとまって生えています。

ナンバンギセル

地上に出ている部分は茎でなく花柄、茎は殆ど地上に出ないとか。次は花の内部と茎と種子を見てみたい。

ナンバンギセル

ハマウツボ科ナンバンギセル属

(8月23日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<マツバニンジン | ホームへ | キセワタ>>
コメント
家のナンバンキセルは二鉢。毎年種をススキにのすき間に
埋め込んでいます。旅から帰ってきたら一鉢は咲き終わっていましたが
違う鉢が何とか写真が撮れそうです。
写真ではそんなに丈が大きくないですね。。。茨木の山では
たぶん30cmぐらいあるのを見たことがあります。
家のも鉢植えなので10cmほどです。
【2016/08/28 10:44】 | komakua2t #- | [edit]
ナンバンギセルを庭で育てているんですか、寄生植物は相手が必要だから難しそうですね。
この写真のはせいぜい10cm程度ですが以前には20cmくらいのを見たことがあります。
でも30cmクラスですか、さぞかし見ものでしょうね。
【2016/08/28 12:28】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する