2016. 08. 31  
田圃に生えたシマミソハギ、割りとあちこちの田圃で見かけます。熱帯アジア原産で1968年鹿児島で確認、70年代に九州一円に広がりその後中国地方に拡大、関東でも見られているようです。

シマミソハギ

葉腋に多数の花を付ける、赤いのは果実。

シマミソハギ

雄しべは4本、赤い子房の先端に短い雌しべが見えている。雄しべは4枚で花弁はないのが花弁があるヒメミソハギとの違い。

シマミソハギ

これは萼片が5枚あるように見えます。

シマミソハギ

短い花柄があるのかな。ある資料によると花柄があるのはナンゴクヒメミソハギだけとなっている。でもシマミソハギでも花柄があるな。茎は四角く無毛、稜に翼がない

シマミソハギ

長楕円形の葉、全縁で基部は茎を抱かない、茎を抱くヒメミソハギとの一番の違い。

シマミソハギ

おまけ、同じ場所にシマミソハギ(奥)とヒメミソハギ(手前)が生えています。葉の形状が違うのが分かるでしょうか。

シマミソハギ・ヒメミソハギ


ミソハギ科ヒメミソハギ属

(8月24日撮影)
NEXT Entry
アブノメ
NEW Topics
オオユウガギク
ヨメナ
ノコンギク
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
シマミソハギ
平家蟹さん、こんばんは
シマミソハギは初めてφ(.. )
ヒメミソハギとの区別は葉の基部ですね。これは絶対見逃してる気がします。今度田んぼでこの手の花をみつけたら,よく見て見ますね。
pandaさんへ
九州一帯に広がっているようだからそちらでもあると思いますね。
草丈は高くなるし葉の基部が違うから分かりやすいと思います、そちらでも見つけてね。
(でも3年前からこのブログでアップしてるんだけどな、当ブログ内も見逃してるぞヾ(^^;))

台風そっちもこっちも直撃しそうですね、動きも遅くなっていて風雨が長引きそうです。

えへへ
みても、忘れてたりしてて ^m^
まさか、過去でも初めてなんて書いていないか心配 (~_~;A
pandaさんへ
過去記事へのコメントはしてなかった。
でも見ていたかどうかも不明(^^;)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR