タイトル画像

ヒメノダケ

2016.09.08(07:01) 8337

初めてのヒメノダケ、九州の草原に多いそうですが秋吉台には遊歩道を整備する際、阿蘇から導入された芝とともに入ってきたそうです。名前は知っていたが竹とは思わなかったけどシシウド属とは思わなかったな。

ヒメノダケ

複散形花序、とにかく花が小さい、ミシマサイコの白花のような雰囲気。本来なら小さなノダケなんでしょうけどノダケとは随分イメージが違うな。

ヒメノダケ

総苞片はなく線形の少総苞片がある。

ヒメノダケ

花は2mm程度、花弁は5枚で内側に曲がっている。雄しべは5本だが落ちているのも多い。

ヒメノダケ

こちらは雄しべが落ちて雌しべが突き出ている。花盤が2裂しているのも分かります。

ヒメノダケ

羽状複葉だそうだけど3小葉のしか見かけなかった、もっと下の方の葉を見なければ駄目だったかな。

ヒメノダケ

セリ科シシウド属

(8月31日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<サジガンクビソウ | ホームへ | ハナシュクシャ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する