2016. 09. 21  
秋吉台では初めてのヤマトキホコリ、初めてかと思ったけど県外で一度見ていました、すっかり忘れていた。

ヤマトキホコリ

薄暗く湿っぽい林内、実は8月下旬に見つけていたのですがブレ写真量産、その後も来る度に撮っていたけど上手く撮れず、これが多く生えているなら摘み取って明るい場所で撮影なんてことも出来るけど数は少ないしな。

ヤマトキホコリ

葉腋にまとまって球状の花をつける、雄花と雌花が混成しているそうです。白っぽいのは何となく花だとわかりますがコメツブのように見えているのは子房それとも果実?

ヤマトキホコリ

主脈に対して左右非対称な葉

ヤマトキホコリ

裏側は白っぽく主脈や側脈が浮き出ている。

ヤマトキホコリ

イラクサ科ウワバミソウ属

(9月11日撮影)
NEXT Entry
ツルニンジン
NEW Topics
テンプレート変更
ヒナノキンチャク
ナンバンギセル
ヒメシオン
ヒメムカシヨモギ
イヌコウジュ
ヒメジソ
オトコオミナエシ
ヌマダイコン
シロザ
ホウキギク
ヒロハホウキギク
エビスグサ
ネナシカズラ
メハジキ
ヒガンバナ
バショウ
ブタクサ
ツユクサ(薄青)
キシュウスズメノヒエ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
ヤマトキホコリ
平家蟹さん今日は。
兵庫県の綺麗な川の傍のウワバミソウはお浸しにして食べましたが癖がない分美味しいかった??です。

こちらに来て高縄山の900m程のブナ林の小道沿いにこれに似た種が群生していてウワズミソウとは葉も硬そうで実の大きいと明らかに違うと思いました。
こんな名前だったかもしれません??。
名前も食べられそうに無いですね。

ウワズミソウの仲間の色々あるのですね。驚き!!

コメントUP状態になっていましたがUP出来ていなくって申し訳なかったです。
指の力が弱かったかも・・それでPCもクーラーも可笑しくなります。
かなこさんへ
イラクサ科と言うと刺すイメージがありますが山菜として食べられるのもあるみたいですね。
ヤマトキホコリもアオミズと言う名称で食べられているようです。
でもとても食べる気はしませんが。
この仲間は似たのが多くて識別するだけでも大変。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR