2016. 09. 25  
笹原の中に咲いているフシグロ、台地上何ヶ所かで確認していますがここが一番楽、でも閉鎖花を付けることもあるからな、これも閉鎖花が混じっているかも。

ケフシグロ

茎、葉、花柄、萼に毛が散生するのをケフシグロとして区別することもあるようです。これは茎に下向きの毛が生えている、ここまではっきりしているのは初めて。

ケフシグロ

葉の縁にも毛が生えている。

ケフシグロ

萼や花柄には特に毛は生えていないようです。

ケフシグロ

側面はあまりナデシコ科らしくないけど正面から見ると確かにナデシコ科。

ケフシグロ

花弁の途中に鰭のような突起があります。

ケフシグロ

内部に雄しべや3裂した柱頭が見えている、その内外に飛び出てくる。

ケフシグロ

これは既に果実になっていますが閉鎖花からかもしれません。

ケフシグロ

ナデシコ科マンテマ属

(9月16日撮影)
NEXT Entry
アキニレ
NEW Topics
オオユウガギク
ヨメナ
ノコンギク
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
ケフシグロ
平家蟹さん今日は。
初めて聞く名前でしたが可愛いです。
ナデシコ科と言うのが良くわかりました。
バイパスの土手に一時変った外来種のナデシコ科が生えましたが1~2年で消えました。
お花が似ていました。
閉鎖化で増えそうですね。

ハナタデは高縄山の800mくらいの場所では道両側に大群生していて綺麗でしたが写真が撮りづらいお花でした。

アメリカセンダングサはタネをつけない内にと毎日抜いています。
かなこさんへ
フシグロも初めてでしょうか、ケフシグロとは特に区別しなくてもいいかもしれません。

ハナタデは小さくて何と言っても地味ですからね。
かなりマクロで接近しないと花を撮るのは難しいかもです。

アメリカセンダングサは庭に生えると邪魔でしょうね、特にあの種。
藪の中の小道を通りたかったけどアメリカセンダングサが種子をたくさんつけていて諦めたことがあります。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR