タイトル画像

ハイチゴザサ

2016.09.27(07:00) 8393

初めてのハイチゴザサ、低地の湿地に生えるそうだけど木陰の半日陰も好むそうでまさしくここもそんな場所でした。茎の基部は長く伏臥し(だから這)、節から茎を直立させるがせいぜい5-10cm程度です。

ハイチゴザサ

なんともとりとめのない花序、多分以前から生えていて側を通っていたんだろうけど全く気が付かなかったな。

ハイチゴザサ

何とか蕊が出ているのもありました、これは雌しべ、チゴザサとは随分イメージが違う。

ハイチゴザサ

チゴザサとの一番の違いは小穂の柄に環状の腺が無いこと、無いのを写すのは難しい。リンクの写真の4枚目、柄の一部が黄色くなっているのが腺です。

ハイチゴザサ

広披針形の葉、両面に毛が生えるが表の方が長い、僅かに見えています。

ハイチゴザサ

画面の隅に写っているのでかなりボケていますが長毛が密生している様子が分かります。

ハイチゴザサ

イネ科チゴザサ属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<アレチヌスビトハギ | ホームへ | クソニンジン>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する