タイトル画像

オケラ

2016.10.06(07:00) 8416

オケラが薄緑色の蕾を付けていた。

オケラ蕾
(8月31日撮影)

同じ場所、一週間後来てみたら蕾が大分膨らんできていた、でもこれからが長かった。

オケラ蕾
(9月6日撮影)

秋吉台に来る度にこの場所に着ていたけどなかなか咲かず20日後やっと咲いていた、それもこの周辺にあった中では一番小さな株が咲いていた、そう言えば去年もこの株が一番早く咲いたような。

オケラ

魚の骨の様な総苞が見えて無くてオケラらしくありません、葯筒が見えていないのでこれは雌花ですね。

オケラ
(9月21日撮影)

後日別の場所、前の場所はあまり綺麗に咲いてなかったのでこちらでパチリ、この辺りでピンク色のがさくんだけどそれはまだだった。

オケラ

葯筒が見えているのでこれは雄花、押し出されて花粉が出始めています。

オケラ

総苞片がビッシリ、これは多すぎて逆にオケラらしくない。

オケラ
(9月26日撮影)

更に別の場所、ここは他の花の序だけどここが一番楽に行けるかな。

オケラ

以前はここで雌花を見たことがあったがこの日は両性花だけでした。

オケラ

程々の総苞、やはりこれくらいが一番オケラらしい。

オケラ

下の方の葉は3-5裂しますが上の方は裂けないこともあります、刺状の鋸歯がある。

オケラ
(10月2日撮影)

キク科オケラ属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ヤサカブシ | ホームへ | ヤノネグサ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する