タイトル画像

ヤサカブシ

2016.10.06(07:01) 8417

咲き始めたヤサカブシ、花序の先端から咲いていくのでまだ殆どが緑色の蕾です。

ヤサカブシ

なんとも魅力的な色ですね、これで毒草でなかったらな。毒があっても見る分には何も問題ないんですが。表に見えているのは萼片で5枚からなり花弁は頂萼片の内側にあります。

ヤサカブシ

外側も複雑だけど内部も複雑、内側に長毛が生えている。

ヤサカブシ

球状になった雄しべ、この部分はまだ花粉が出てないようですが花粉を出すようになると伸びてくるのかな。雌しべはまだ見えていない、この雄しべの中から伸びてくる。

ヤサカブシ

奥に見えているのは花弁の一部で舷部、他の花の仮雄しべに似ていますが何か役割があるんでしょうか、上部に伸びている先に距があります。

ヤサカブシ

花柄に生える毛も区別点になるそうでヤサカブシは下向きの毛が生えます。

ヤサカブシ

キンポウゲ科トリカブト属

(9月26日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<オオツルイタドリ | ホームへ | オケラ>>
コメント
平家蟹さん今日は。
そちらのトリカブトもヤサカブシと言うのですね。
こちらではではソコクブシと言います。
高縄山に大群生地があって毎年見に行っていましたが・・・。

我が家もトリカブト2種植えましたが消えてしまいました。
結構好きなお花です。

オケラを私は見たことがなく見て見たいものです
一昨日図書館で石鎚山の植物図鑑を見てきましたが ここにはありとあらゆるお花が載っていました。

コメント変でしたね。
ご迷惑お掛けしました。
【2016/10/06 11:03】 | かなこ #- | [edit]
トリカブトの仲間は地域性が強い種類があるようでヤサカブシもそうですね。
ソコクブシ(ひょっとしてシコクブシ)もそれではないでしょうか。
更に交雑もしやすいようで区別が難しくなる一因のようです。
庭に植えていたんですか、花自体は鑑賞に耐えますよね。
でも線虫に弱いとか、この場所の近くのも線虫にやられたようで出てきませんね。

オケラは見たことなかったですか、それは意外でした。
秋吉台でも普通の花は大抵山道沿いで咲いてくれますがオケラはそういうことがなく
藪の中に入る必要があるので探すのが厄介な花ですね。
ただトゲトゲの総苞片が次の年にまで残っていることもあるので冬場でも見つけていれば探しやすくなるかと思います。
【2016/10/06 13:10】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する