タイトル画像

オオツルイタドリ

2016.10.07(07:00) 8418

頭上遥か上の方に生えているオオツルイタドリ、今年は勢いが弱かったので花を咲かせないかと思っていたよ。

オオツルイタドリ

望遠で撮影、花自体は極小さいので肉眼で見えるということは既に果実に生っている証拠

オオツルイタドリ

下の方に伸びているのを撮ってみましたが果実ばかり、3つの翼があります。

オオツルイタドリ

上についているのが花のようですが果実と比べて随分小さいのが分かります。

オオツルイタドリ

こちらは僅かに開いて中に葯が見えていますが周りに翼があるのでこれから開くのでなく閉じると思われます。

オオツルイタドリ

何とか蕊が見えるのがありました、雌しべは見えてないな。花被片は5枚で内3枚で果実期に翼が伸びてきます。5枚じゃなくて3枚だけにしたほうが散布に都合がいいのかな。

オオツルイタドリ

タデ科ソバカズラ属

(10月2日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<シロバナハギ | ホームへ | ヤサカブシ>>
コメント
平家蟹さん今日は。
初めて知りました。
こんなイタドリがあったとは・・・お花も変わっていますね。
地味と言うのかイタドリのお花とは全然違いますね。
不思議な世界でした。

アケボノソウは色を斑点されてのですね。
新種と思ってびっくりしました。
これも高縄山にあります。
蜜たっぷりなので確かアリが一杯きていました。

シロハギだけでいいようですね。
我が家は暑かった所為で2回目の咲きはパッとしません。

シコクブシでした。すみません
我が家は環境が変わって駄目になりました。
それとモグラの悪戯でです。
この春まで小さな芽がありましたが・・見当たりません。
毛の生えて大きなナモグラも時々進出した気配があって色々珍しい種が無くなり困ります。
【2016/10/07 11:29】 | かなこ #- | [edit]
イタドリと名がついていてもイタドリとは随分違いますね。
果実がイタドリに似ているのが名前を知るきっかけとなりました。
これは数が少ないし知っていないと花が咲いているのも気が付かないかもしれません。

蜜を求めて蟻はどこでもやって来ますね、写真を撮るには邪魔になるので追っ払うこともあります。
蟻では受粉に役に立っているとは思えませんね。

シコクブシが駄目になったのはモグラのせいですか。
トンネルを掘るので根っこをやられるのでしょうか。
土壌を豊かにするミミズを食べるのも植物にとっては影響があるかもしれませんね。
【2016/10/07 18:40】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する