タイトル画像

ミゾソバ

2016.10.10(07:00) 8425

群生していたミゾソバ、大抵群生していることが多いですが。

ミゾソバ

夏前から咲き始めていますが今頃からが一番多く見られる季節でしょうか。

ミゾソバ

枝先に十数個の花をまとまって咲く、イヌタデ属は長い穂状になることが多いのでこれはイヌタデ属という感じがしません。

ミゾソバ

色はかなり赤っぽいのから白まで色々ですが花被片先端が赤くなる程度が一番好きですね、半透明感のある花被片がなんともいい。

ミゾソバ

一つの花の中でも赤くなる程度が多少違う、雄しべはわかりますが雌しべはわかりづらい、右側の花で3岐した柱頭が見えている。

ミゾソバ

小さな丸い柱頭を持った雌しべ、雄しべとほぼ同じ長さのようです。

ミゾソバ

花軸に腺毛がある。

ミゾソバ

卵状鉾型の葉、普通黒斑がある、この形から別名ウシノヒタイ。

ミゾソバ

タデ科イヌタデ属

(10月2日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<シャクチリソバ | ホームへ | サクラタデ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する