タイトル画像

イヌサフラン

2016.10.16(07:00) 8439

初めてのイヌサフラン、園芸種として改良されたコルチカムと言ったほうが通りが良いかも。逸出しているのを時々見かけます、これはちょっと伸びすぎて花が倒れています。

イヌサフラン

細長い花弁、幅の違いがあり内花被片と外花被片に分かれているようだ。こういうのは以前だとユリ科に分類されていただAPG分類ではイヌサフラン科と独立、ちなにみサフランはアヤメ科、サフランモドキはヒガンバナ科とややこしい。

イヌサフラン

雄しべは6本、ピントがあってませんが雌しべはそれに比べて随分長い。

イヌサフラン

雌しべは3本、先端が曲がり小さな柱頭がある、微毛が生えているようだ。

イヌサフラン

花の株は細く白くなっていますが花筒なんでしょうか茎なんでしょうか。花の後から葉が出てくるから素人的にはヒガンバナ科でもおかしくないんですけどね。

イヌサフラン

イヌサフラン科イヌサフラン属

(10月7日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<イヌセンブリ | ホームへ | ツワブキ>>
コメント
イヌサフランは先日見掛けましたが、雨で倒れていて撮らずに通り過ぎました。次は綺麗な姿を撮ってあげたいと思っています。確か、この葉をギョウジャニンニクの葉と間違えて食中毒になったというニュースがありましたね。
【2016/10/16 16:11】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
私もこの場所は5,6日前に車で通っていてその時は綺麗に咲いていたのに通り過ぎ次回撮ろうと思って来てみたら花が伸びすぎて大分倒れていました。
花が咲けばギョウジャニンニクと間違えることはないでしょうけど葉の時期に花が咲いていないと似た葉は多くて間違えるかもしれませんね。
【2016/10/16 16:18】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する