タイトル画像

ムラサキセンブリ

2016.10.25(07:01) 8456

台地上では割と普通に見られるムラサキセンブリ、でも今年はちょっと少ないような。別の場所でも探しましたが去年はすごくたくさん見られたのに今年は僅かだった。

ムラサキセンブリ

普通は5弁花ですがこれは4弁、一株の中に4,5弁が交じることが多いがこれは全て4弁花でした。

ムラサキセンブリ

紫色の花弁に濃い紫色の筋、センブリに比べて一回り花が大きい。

ムラサキセンブリ

花弁の幅が随分広いのもありました。

ムラサキセンブリ

子房も紫色、蜜腺から出た毛も多い。

ムラサキセンブリ

蜜腺の形がセンブリとははっきり違います。シロバナムラサキセンブリなんてのがあるのでここが区別点。

ムラサキセンブリ

リンドウ科センブリ属

(10月19日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
<<ナンバンギセルその2 | ホームへ | センブリ>>
コメント
当方ではセンブリはもともと少ないですが、ムラサキセンブリは見たことがありません。先日見たセンブリが、少し紫色掛かっていたので、もしやと思いましたが、濃さが全く違いますね。色のほかに違いはありますか?
【2016/10/25 07:39】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
平家蟹さん今日は。
子供の頃弱かった母の為にセンブリを良く摘みに行っていました。
白いお花だった記憶です。

ムラサキのお花は龍野市の裏山で出会いましたが小さな株でした。
その場には両方ありましたがどちらも小さい株でした。
ムラサキセンブリの方が目を惹きますね。

植木市ではニッコウキスゲもヘメロカリスでした。
そのことを告げるとでも咲きましたか?とにっこりでした。
ただ咲く時期が変わっていましたので掛け合わせてあったかもです。
詐欺でも咲けば嬉しい私です。
【2016/10/25 11:17】 | かなこ #- | [edit]
今日も行ってきました。
ムラサキセンブリは掃いて捨てるほどありましたがセンブリはやっと2株だけ。
ムラサキセンブリは茎が濃紫色です、時には葉まで濃紫色のもあります、子房の色も紫色。
一番決定的な違いは蜜腺溝、センブリの蜜腺は緑色で楕円形ですがムラサキセンブリは色も形も違います(なんと表現したらいいんだろ)
これは専門家からの又聞きですがあまりこのことを書いているサイトは少ないと思います。
センブリで蜜腺を確認してみてください。
今日センブリに間違えそうな色の薄いムラサキセンブリがありました。
その内にアップするので見てみてください。
【2016/10/25 20:26】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
センブリを摘みに行ったことがあるんですか、その頃はたくさんあったんでしょうか。
センブリは白い花ですが真っ白ということもなく確かにムラサキセンブリのほうが目を引きますね。

買った人が知っていれば問題ないでしょうけど中には間違えたまま覚えている人も多いと思います。
よく知られているのがヤマホロシの名前で売られているツルハナナス、
ヤマホロシで検索するとこの花がいっぱい出てきます。
【2016/10/25 20:30】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
今晩は 久々にメールします、先日知人が秋吉台で7枚葉のムラサキセンブリを見つけました これは突然変異ですかね?自然界ではよくあることですか?  私は今フェースブックをおもにやってます あなたのブログはよく見てます。
【2016/11/06 23:00】 | イワカガミ #- | [edit]
お久しぶりです。
7枚の花弁のムラサキセンブリですか、6枚は偶に見かけますがさすがに7枚は見たことないですね。
花弁の数は普通決まっていますが変化すること自体は割とよく見かけます。
突然変異とまではいかず変異の範囲内でしょうね。
【2016/11/07 07:47】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する