2016. 11. 01  
秋吉台を離れてナメラダイモンジソウを撮りに行ってみました。花期は7-11月と結構長い、あまり温度変化のない渓流沿いだからでしょうか。

ナメラダイモンジソウ

渓流脇の岩盤に生えている、右側で水が流れているのが分かります、生えている場所のコケも水浸しの状態ですが元々このような場所を好むようです。

ナメラダイモンジソウ

長い茎を伸ばして散状花序を付ける、ここのは個体が小さいせいか花の数も少ない。

ナメラダイモンジソウ

5枚の花弁の内下の2枚が大きいから大の字、でもこれはあまり大の字らしくないな。同じ頃咲くジンジソウに比べると上3枚の花弁が少し長い。

ナメラダイモンジソウ

雄しべは10本、左のは既に葯が落ちて花盤から2本の花柱が伸びています。

ナメラダイモンジソウ

花柄に毛が生えている、腺毛のようです。

ナメラダイモンジソウ

ダイモンジソウの葉は掌状に浅裂するのにたいしてこちらは中~深裂します。表に粗い毛が生えている。

ナメラダイモンジソウ
ユキノシタ科ユキノシタ属

おまけ、近くの湿地で咲いていた季節外れのカキツバタ

カキツバタ
アヤメ科アヤメ属

秋吉台では見られないスイラン、他にもキツネアザミ等が咲いていました。

スイラン
キク科スイラン属

(10月19日撮影)
NEXT Entry
アキヨシアザミ
NEW Topics
オケラその2
ヤマジノギク
オオユウガギク
ヨメナ
ノコンギク
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
Entry TAG
山口県の山  
Comment
スイラン
 おはようございます。

私も時々ですが、回り道をしながら秋吉台・平尾台以外の野草を見ることがあります。

 シライトソウ、〇〇ランもその一つ。
スイランは平尾台に咲いているので毎年チェック!(笑
同じ場所に「キセルアザミ・ツリフネソウ」も見ることができます。
3種のミミカキグサなども見れるので「そのうち」いかがですか?
ナメラジンジソウ
平家蟹さん今日は。
ナメラがつくのは固有種なのでしょうか??
兵庫県の同じ様な環境で観たのはこちらかもしれないですね。
こんな風にお花が少なかったです。

園芸種の(ダイモンジソウ?ジンジソウ?か忘れました)の鉢を頂きいたものの今年新芽を齧るものがいて芽が育ちません。
我家も害虫被害が多いです。

ヤマラッキョのお花は赤みを帯びてきました。
まっちゃんさんへ
シライトソウにミミカキグサの仲間は県外で見たことがあります。
このブログにアップしている県外の花は殆ど古墳巡りの序でですね。
出来れば県内で見てみたいものです。
ツリフネソウも秋吉台の隣の山に大群生しているのですが水系も通じているのに何故か秋吉台では咲きませんね。
平尾台も湿地らしい湿地があるんですね、それは魅力だけどやはり前に書いたように
何回か行かないと早々見つからないだろうな、そこがネック。
かなこさんへ
山口県の滑山で発見されたから名づけられたという話も聞きますが西日本一帯に分布しているようです。
地名の付いた植物名はままありますがそこの固執種というだけではなくその場所で発見されたから名付けられたと言う例も多いようです。
ダイモンジソウとジンジソウは上の短い花弁で区別できますが花が咲かないのではどうしようもないですね。
多分葉だけでも区別はつくと思いますが。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR