タイトル画像

モミジバヒメオドリコソウ

2016.11.10(07:00) 8478

初めてのヒメオドリコソウ、本来は春の花ですが仲間のホトケノザももう普通に咲いているし秋に咲いていてもおかしくないですね、とは言え何でこんな場所に咲いている?。
モミジバヒメオドリコソウ

ヨーロッパ原産で1992年に横浜で初めて確認されたそうで外来種としては新参者ですが関東から九州にかけて広がっているようです。
モミジバヒメオドリコソウ

広卵形の葉で永鋸歯があり切れ込むのが特徴、ヒメオドリコソウに比べて葉の皺も少ないようです。
モミジバヒメオドリコソウ

花自体は変わりないようです。
モミジバヒメオドリコソウ

上唇に沿って雄しべ、その下に見えているのが雌しべでしょうか。
モミジバヒメオドリコソウ

横顔
モミジバヒメオドリコソウ

ちょっと変わり者のありました。
モミジバヒメオドリコソウ

上唇が2裂してウサギの耳のようです。
モミジバヒメオドリコソウ

ハートマーク2重連
モミジバヒメオドリコソウ

茎は四角く稜に毛が生えている。
モミジバヒメオドリコソウ

シソ科オドリコソウ属

(10月31日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<ナギナタコウジュその2 | ホームへ | シロダモハコブシ>>
コメント
平家蟹さん今日は。
ヒメオドリコソウに葉色や形の違うものをUPしましたが 名前が違っていたのですね。
全然意識していませんでした。
今度はしっかり葉を観察します。
参考になりました。

こちらもホトケノザが咲いています。
北国では雪模様ですがその点楽ですね。
【2016/11/10 11:02】 | かなこ #- | [edit]
かなこさんへ
外来種の新参者でまだあまり知られてないしちょっと古い図鑑では載ってないでしょうね。
葉の切れ込みもそれ程深くはないしうっかりすると見逃しそうです。
ただ大分広がっているようなのでそちらでも見られるかもしれませんね。

北海道はもうすっかり冬みたいですね。
こちらは雪が少なくて助かります、野草ブログに関して言えば冬でも何らかのネタがありますからね。
【2016/11/10 12:39】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する