2016. 11. 13  
去年より少なかったですが今年も多く咲いていたナガボノワレモコウ
ナガボノワレモコウ

周りの水田が工作されていた頃はほんと少なかったですが休耕田が増えるに連れてこれも増えてきたような気がします、だからといってもとの水田の場所に生えることはないんですけどね。
ナガボノワレモコウ

休耕田も時間が経つに連れてイネ科の草ばかりとなり野草を探す場所としては面白くなくなります。
ナガボノワレモコウ

名前の通り長穂
ナガボノワレモコウ

でも短いのも割とあります。
ナガボノワレモコウ

白花が殆どですが赤花もあります、ネットで見るともっと赤いのもあるようだ、しかしこれは随分捻じ曲がっているな。
ナガボノワレモコウ

ほんのり赤みを帯びた花序、先端から咲いていくのが分かります。
ナガボノワレモコウ

蕾と開いた花との境目がクッキリ、開き始めるとパッと開いて蕊が飛び出てくるんでしょうか。
ナガボノワレモコウ

雄しべの葯は褐色ですが花粉は黄色、右側はもう出し終えていますが左は出し始めたばかり
ナガボノワレモコウ

花弁はなく萼片4枚、雄しべ4本、扁平な柱頭を持った雌しべ、毛が生えている。
ナガボノワレモコウ

更に中間的な色合いのもありました。色合いの変化は連続的で特にナガボノシロワレモコウやナガボノアカワレモコウと区別する必要はなさそうです。
ナガボノワレモコウ

萼片や花柱がほんのりピンク色、柱頭に毛が生えている様子がよく分かります。
ナガボノワレモコウ

葉は11-15の小葉からなり線形~線状長楕円形、三角状の鋸歯がある。
ナガボノワレモコウ

最後は青空バックで。
ナガボノワレモコウ

バラ科ワレモコウ属

(11月5日撮影)
NEXT Entry
オドリコソウ
NEW Topics
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
Entry TAG
深坂自然公園  
Comment
こんにちは
本当に長い花穂ですね。遠目に見るとオオイヌタデなどに見間違えそうです。当方では見られません。
多摩NTの住人さんへ
そう言われてみると遠目にはオオイヌタデに似ていますね。
この場所にしか無いから間違えることはないですが。
こういう珍しい種が近場で見られるのはラッキーです。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR