2017. 01. 06  
私的には冬の定番オオイヌノフグリ、真夏以外ほぼ咲いているから花の少ない冬しか撮らないな、2本の雄しべと1本の雌しべの影が花弁に落ちています。
オオイヌノフグリ

雄しべと雌しべが合わさって自家受粉中、影の方がその様子がよく分かるな。ここのは下側の花弁が白いのが多い。
オオイヌノフグリ

こちらは花弁も青いけど葯も青い、昼前の撮影だけどこれも既に自家受粉中
オオイヌノフグリ
(オオバコ科クワガタソウ属)

これも年中組のハナイバナ、見かけてもあまり撮ることはなくなりました。
ハナイバナ

小さな小さな花なのでドアップ挑戦向き、さすがに難しい。
ハナイバナ
(ムラサキ科ハナイバナ属)

キク科も多く咲いてます、これも年中組のハルノノゲシ、これは別名でノゲシの方が本名ですけどね。
ハルノノゲシ

青空背景するとなかなか可愛い、手前の蕾はゴッツイけどね。
ハルノノゲシ
キク科ノゲシ属

セイヨウタンポポも普通に咲いています、さすがに春と比べると少ないですが。
セイヨウタンポポ

寒い時期のセイヨウタンポポはあまり茎を伸ばさないのですが今年の正月は暖かかったせいか割と茎が伸びてます。
セイヨウタンポポ
キク科タンポポ属

シロバナタンポポも晩秋の頃から咲き始めるから冬の花のイメージが強いですね。
シロバナタンポポ

花弁が反って蕊が長く突き出ている。
シロバナタンポポ

これくらいの状態が一番綺麗かな。
シロバナタンポポ
キク科タンポポ属

これも多く咲いていたコシロノセンダングサ
コシロノセンダングサ

やはり冬は寒いのかあまり綺麗なのがなかった。
コシロノセンダングサ
キク科センダングサ属

広場に多く咲いていたオオジシバリ
オオジシバリ

冬の陽光に輝いています。
オオジシバリ

青空バックをする為に下から取ると花も下側しか撮れませんがこれは内側の様子もうまく撮れました。
オオジシバリ
キク科ノニガナ属

これも年中組のオニタビラコ、根生葉の様子がよく分かるので撮ってみました。こうしてみるとキク科の花は一つを除いて筒状花のない舌状花の花ばかりですね、偶々なのかもしれませんが。
オニタビラコ
キク科タビラコ属

コスミレも割と咲いていました、無印のスミレの方は探したけど見つからず。
コスミレ

コスミレと言ってもスミレの仲間の中では大きい方ですね。
コスミレ
スミレ科スミレ属

12月には咲いていたスイセン、もう大分咲いてきています。
スイセン
ヒガンバナ科スイセン属

ヤブチョロギも随分咲いています、冬なのに背が高く伸びていてこれで20cmくらいあったでしょうか、市内では普通に見られるけど秋吉台ではまだ、期待しているんですが。
ヤブチョロギ

冬には花があまり開かないことが多いですがこれは随分開いていました。
ヤブチョロギ
シソ科イヌゴマ属

(1月3日撮影)
NEXT Entry
新春花巡りその2
NEW Topics
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
Comment
こんにちは
そちらはもうすっかり春ですね。当方は野原は枯れ草色です。
多摩NTの住人さんへ
今年はホント暖かいですね、思いがけず多くの花が咲いていました。
種類はともかくさすがに春のように一面に咲き乱れているということはなかったですけどね。
平家蟹さん、こんばんは、
すっかり春の気配ですね。長崎もお正月からポカポカでして、七草採りに行ってきました。
コオニタビラコの田んぼが休耕田になり、そろいません。外来種ばっかり!この10年のうちに休耕田が増えたと思いませんか?それも、農薬の少ないいい田んぼから放棄されてる・・・泣
pandaさんへ
今日は七草ですね、自分で摘んだ七草で七草粥を食べられるんでしょうか。
こう暖かいと七草も随分伸びていたんではないでしょうか。
休耕田は増えていますね、秋吉台ではまだそれ程感じてませんが地元の自然公園辺りではもう稲作されているより休耕田の方が多いくらいです。
ほんとこの10年位でガラッと変わりましたね。
休耕田になるとイネ科の強い野草や外来種ばかり増えて在来種が見られなくなってガッカリですね。
秋吉台の珍しい野草が生える田圃はまだ大丈夫ですがこのまま稲作が続けられるのを祈るばかりです。
お早うございます。4時半に目が覚めて寝よう寝ようと努力したが
寝られないので起きだして味噌汁だけ作ってパソコンに張り付いています。(笑)
シロバナタンポポは普通にあるのですね。こちらは今だに一度しか見たことがないです。。
ハナイバナは畑にあってものすごく小さな花で、世のなかにこんな小さなな花がるんだわ。。
と思っていました。今回初めて名前を知りました。。良かったです。
今はないので春を楽しみぬしています。
komakua2tさんへ
4時半の目覚めですか、温泉の効用でしょうか(笑)
シロバナタンポポはこちらではごく普通に見られます。
かって仙台にいた頃道端で見たこともあったので特に珍しいとも思わなかったのですが
こうやってブログを開設して他の人のブログを見てみると東日本ではかなり珍しいことを知りました。
身の周りで普通に見られるとどこでも見られるとつい思ってしまいます(汗)
ハナイバナも年中ごく普通に見られますね、名前がわかって良かったです。
拡大してみると分かる通りワスレナグサと同じ姿ですが極小なので見逃されることも多いでしょうね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR