タイトル画像

カテンソウ

2017.04.15(07:00) 8690

ここはカテンソウの大きな群落がありますがまだ殆ど蕾でした。
カテンソウ

これは萼が開いて中の雄しべが見えていました、開花と言っていいのかな。
カテンソウ

雄しべは5本ありますが1本ずつ棒バネのように飛び出して花粉を飛ばします、この日はかなり湿っぽかったせいか葯にまだ花粉が残っているようです。
カテンソウ
(3月23日撮影)

後日別の場所、ここも大きな群落でした。
カテンソウ

雌雄異花でこれは雄花だけど中央に雌しべの痕跡があるようです。雄花を撮るのに夢中で雌花はすっかり忘れていた、すごく地味ですけどね。
カテンソウ

雄しべが2本3本出ているのは見かけずどれも5本全て出ていたのばかりだった。花粉が飛び散っているので葯が透明になっています。花粉を飛ばす瞬間を見たことがありますがさすがに静止画では写すのは難しい。
カテンソウ

菱形状卵形の葉、鋭い鋸歯があり表面に毛が生えているようです。イラクサ科ですが棘は無いので安心して触れます。
カテンソウ
(4月5日撮影)

イラクサ科カテンソウ属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<チャルメルソウ | ホームへ | タニギキョウ>>
コメント
滋賀県の藤原岳にフクジュソウを見に行った時にこのカテンソウを
初めて見ました。
雄しべは5本。。。かわいいですね。その後は一度も見ていないです。
その時何とかコバイモをも見ました。花だけはいまだに覚えています。。
【2017/04/15 21:32】 | komakua2t #- | [edit]
komakua2tさんへ
カテンソウの花は地味ですが群落を形成するから目にしやすいかもしれませんね。
でも知っていないとなかなか花とは認識できないかも。
5本の雄しべが1本1本跳ねる様子は面白いですが旅行先では確認無理ですね。
それ程珍しい植物でもなく湿っぽい場所に生えているので探してみてください。

コバイモの仲間も幾つかあって区別が難しいです。
見たことがあるのはホソバナコバイモだけです。
http://hananusubito.blog13.fc2.com/blog-entry-6944.html
【2017/04/15 21:39】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する