2017. 04. 29  
林内に生えていたタイリンアオイ、この仲間は住み分けているようでここに生えていたのはタイリンアオイだけです。
タイリンアオイ

秋吉台で咲くカンアオイ属3種の中では一番気に入っている。
タイリンアオイ

小さな穴から内部を覗くのは無理なので切断してみました。開口部が狭いのは内部に虫を閉じ込めて花粉をタップリつける戦略でしょうか。
タイリンアオイ

萼筒内部は網目状構造、強度を増しているのかな。
タイリンアオイ

この突起が雌しべのようで6本あります、先端がハート形に見えているのが柱頭でしょうか。
タイリンアオイ

雌しべの間に雄しべの葯、花粉が出始めているようですが咲き始めたばかりのせいかあまり出ていない。
タイリンアオイ
(4月19日撮影)

これは3月下旬出始めたばかりの蕾、三角錐になった萼片やその下の丸い萼筒、葉は両側にありますがまだ殆ど伸びていない。
タイリンアオイ(蕾)
(3月23日撮影)

1枚目の同じ場所、三角錐の萼が地面から出てきています。
タイリンアオイ(蕾)

丸い萼筒、咲く寸前
タイリンアオイ(蕾)
(4月19日撮影)

一週間後来てみたらこの蕾も咲いていました。
タイリンアオイ

蕾2枚目の写真と同じ株、まとまって咲いていました。
タイリンアオイ
(4月25日撮影)

ウマノスズクサ科カンアオイ属
NEXT Entry
ヤエムグラ
NEW Topics
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
カンアオイの内部はこんなふうになっているのですか。網目状になっているのはとても興味深いです。これも自然の造形美ですね。
多摩NTの住人さんへ
今まであの小さな開口部から中を覗こうとしましたがさすがに無理なので切断してみました。
蕊の形も変わっていますが萼筒の内壁も随分面白い構造でした。
単に内壁の強化だけでなく他の目的もあるんでしょうね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR