タイトル画像

ノヂシャ

2017.05.04(07:00) 8756

道端に大群生しているノヂシャ、もういたる所で見られますが栽培されていたのが野生化したものだからやはり人間社会の近くが多いですね。
ノヂシャ

群生しているし花の数も多いけど小さいし淡い色だからあまり目立ちません。
ノヂシャ

茎は2分岐しながら伸びていきます。背後の黄色いのはトゲミノキツネノボタン、広い休耕田を独占しています。
ノヂシャ

集散花序で小さな花を多数つける。
ノヂシャ

淡青色の花、大きさは2mm以下、雄しべが出ているのは肉眼でもわかりますが雌しべは分かりにくい、中央に柱頭が2裂した雌しべが見えています。
ノヂシャ

葉は対生、長倒卵形~長楕円形、縁に細かな毛が生えている。茎にも稜があるんでしょうか、角に沿って毛が生えているようです。
ノヂシャ

スイカズラ科ノヂシャ属

(4月24日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<スズメノエンドウ | ホームへ | カワヂシャ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する