タイトル画像

タブノキ

2017.05.05(07:00) 8760

林道などで普通に見られるタブノキ、高木になりこれで10m以上ありますがもっと高くなるのもあるようだ。
タブノキ

枝先から新葉と一緒に円錐花序を出す、まだ花が少なく咲き始めたばかりのようです。
タブノキ

右は雄しべが目立ちますが左は雌しべが見えています。花被片の反り具合を見ると右側の方が先に咲いたのかな。
タブノキ

緑色の花柱、先端に白い柱頭、周りに雄しべが寝ています。
タブノキ

時間が経つと雄しべが立ち上がるのでしょうか、腺体も立ち上がっている。
タブノキ

幅の狭い外花被片と広い内花被片、内花被片に沿った雄しべは1本ですが外花被片のは2本になっているのがわかります。その代わり内花被片の雄しべ基部には仮雄しべがあります。仮雄しべの間にはもう少し長い柄を持つ腺体があります。
タブノキ

クスノキ科タブノキ属

(4月24日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<コバノガマズミ | ホームへ | カスマグサ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する