タイトル画像

ハナウド

2017.05.05(07:01) 8763

何時もここで見ているハナウド、いつもなら人の背丈ほどになるんですが今年は何故かどれも低くて50cm程度でした。
ハナウド

それでも花は満開状態、でも普通なら周りに幾つもの花序をつけるのですがこれは頂部だけでした。
ハナウド

複散形花序、周りの小花柄ほど長くなるので花が咲いている面が平面状になります。
ハナウド

外側の花ほど大きくなる、まるでフラクタル構造のようだ。
ハナウド

一つの花も外側の花弁が大きくなる、花弁先端は2裂している。
ハナウド

花盤から突き出た2本の花柱
ハナウド

総苞には総苞片がある、花柄は稜があるというより幾つもの花柄が集合しているような、毛も密生、小花柄にも微毛が生えているようです。
ハナウド

セリ科ハナウド属

(4月24日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<筍のいたずら | ホームへ | サルトリイバラ>>
コメント
ハナウドは豪華に見えますね。
小さいのは気候の変化が影響しているのでしょうかね。
【2017/05/05 18:55】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
多摩NTの住人さんへ
これは草丈も高くなるし花序も大きいので目立ちますよね。
何時もなら車で通りながらでも気がつくのですが今年は遅いなと思っていたら背が低いのが咲いていました。
もう平年並みの気温になっているし何が影響したんでしょうね。
【2017/05/05 19:15】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する