タイトル画像

アネモネ

2017.05.06(07:00) 8764

草むらの中に咲いていた真っ赤な花アネモネのようです。当然園芸種の逸出ですが他の繁殖力旺盛な野草の中で元気に咲いていました。
アネモネ

アネモネは多種多様な品種がありますがこれは八重咲き、蕊は全く見られず完全に八重化しています。元々多くの雄しべを持っているのでそれが花弁化(萼片ですが)したのでしょうね、外周の萼片は幅広ですが内側のは細長い。
アネモネ

イチリンソウの仲間なんだ、外周の萼片がそのあたりを僅かに思わせる。
アネモネ

切れ込んだ茎葉、根生葉は枯れていました。こういう園芸種を検索しても葉なんて殆ど出てきませんね。
アネモネ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(4月25日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<シロバナトキワハゼ | ホームへ | 筍のいたずら>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する