タイトル画像

ウリハダカエデ(雄株)

2017.05.10(07:01) 8780

この辺りに集中的に生えているウリハダカエデ
ウリハダカエデ

高木もありますが背の低いのもあり花を撮るにはそれ程苦労しない。
ウリハダカエデ

雌雄異株でこれは雄株、雌株はこちらから。来るのが早かったのか雌花は全く見られなかった。ここはわざわざ2度も来るほどじゃないから来る時期が難しい。
ウリハダカエデ

新枝の頂芽がから1対の葉が出てその基部から総状花序をぶら下げている。
ウリハダカエデ

大きさは1cm程、雄しべ8本、花弁と萼片があるようですがこれを見ると区別は難しそう。
ウリハダカエデ

花序軸には軟毛が生える。
ウリハダカエデ

扇状5角形の葉で重鋸歯がある、普通3,5裂でカエデの仲間にしては裂け方が少ない。
ウリハダカエデ

幹が暗緑なので瓜膚楓、若木ほどこの色が目立ちます。カエデの仲間は区別が難しいのがありますがウリハダカエデはその点樹肌で分かりやすい。
ウリハダカエデ

ムクロジ科カエデ属

(4月30日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<チドリノキ | ホームへ | イロハモミジ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する