タイトル画像

ミミナグサ

2017.05.11(07:01) 8784

すっかり少なくなったミミナグサ、身近で見られるのはオランダミミナグサばかり、ミミナグサは山の中でしか見たことがありません。
ミミナグサ

茎の頂部に集散花序をつける、オランダミミナグサは幾つも花を咲かせますがミミナグサは一つ二つと少数です。
ミミナグサ

花弁は中裂、萼片と花弁の長さがほぼ同じ、オランダミミナグサは萼片のほうが短い。なので左の花後は花弁が出ていないがオランダミミナグサは白い花弁が出ています。
ミミナグサ

雄しべは10本、柱頭は5裂だがこれはまだ十分開いていないようだ。
ミミナグサ

小花柄が長い、花後には更に伸びて果実は下向きになります。オランダミミナグサは小花柄が短く茎に接するように咲く。
ミミナグサ

葉腋から花を咲かせています、普通頂部だけなのでこれは初めて見ました。
ミミナグサ

葉は対生し茎も毛が多い、これはオランダミミナグサも同じ。
ミミナグサ

人が殆ど通らない山道にも咲いていました。
ミミナグサ

高さ5cm程、これでも一人前に咲いています。
ミミナグサ

ナデシコ科ミミナグサ属

(4月30日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ラショウモンカズラ | ホームへ | サワハコベ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する