タイトル画像

ヒメフウロ

2017.05.13(07:01) 8793

道路脇の側溝に咲いていたヒメフウロ、本州や四国の一部石灰岩地域に自生しているそうですが最近は帰化したものが市街地で見られるそうでここは近くに民家がないけどこれも帰化種でしょうね。
ヒメフウロ

花は普通2つずつ咲く、2つしか咲いてなかったけど。
ヒメフウロ

雄しべがまとまっていてまだ開いていない、葯の色が赤と薄桃と黄色いのがあるそうでこれは赤のようだ。
ヒメフウロ

こちらは葯の下に反り返ったのがあって柱頭のようで5裂する。
ヒメフウロ

萼片には開出毛、腺毛が交じるそうだ。
ヒメフウロ

茎は基部で分岐、中央の緑色のが花柄でどちらも開出毛が生える、腺毛もあるそうで原画だと何とか確認できる。
ヒメフウロ

葉は深く3全裂し小葉は更に羽状に深裂する。
ヒメフウロ

こちらは別の場所、以前見ていた場所の近くで帰化種でしょうね。
ヒメフウロ

フウロソウ科フウロソウ属

(4月30日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ヒメレンゲ | ホームへ | ホソバオオアマナ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する