2017. 05. 16  
今までキツネノボタンとケキツネノボタンは主に毛の有無で区別していましたがキツネノボタンでも毛が生えているのもあるそうなので撮り直してみました。その前に両者の区別点
  ケキツネノボタン                   キツネノボタン
1:日当たりの良い湿地                  やや日陰の湿地
2:葉の裂片は狭く互いに重なり合わない傾向    裂片は幅広く互いに重なり合う傾向
3:果実の花柱の基部は太く先は鈎状に曲がる   花柱の基部は細く先は弱く鈎状に曲がる
4:茎下部に毛があるが量や向きには変化あり    茎の下部に多数の毛がある場合が多い
 (毛は開出するが斜上するのもある)         (毛の量や向きには連続的な変化がある)
あくまでも傾向で決定的な区別点にはならないそうでそれなら両者を区別する必要があるのか(^^;)
一番の区別点はケキツネノボタンの痩果にはリング状の稜、キツネノボタンは片側に弧状の稜があるそうです。
これは日当たりの良い湿っぽい場所に生えていたので1の基準に当てはめるとケキツネノボタン
ケキツネノボタン

萼片が反り返っているのでウマノアシガタでなくキツネノボタンの仲間です。
ケキツネノボタン

茎には開出毛がビッシリ、以前なら問題なくケキツネノボタンです。
ケキツネノボタン

葉の裂片は重なり合っていません、3の基準ではやはりケキツネノボタン
ケキツネノボタン

これもやはり同様の傾向です。
ケキツネノボタン

葉の裏は何も書かれてなかったけど細かな毛が生えている。これはケキツネノボタンでいいと思うけど痩果がまだ出来てなかったのでまた観察してみましょう&キツネノボタンもね。
ケキツネノボタン

キンポウゲ科キンポウゲ属

(5月5日撮影)
NEXT Entry
オランダガラシ
NEW Topics
オケラその2
ヤマジノギク
オオユウガギク
ヨメナ
ノコンギク
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
Entry TAG
秋吉台  
Comment
待ってます ^m^
私もまだキツネノボタンのそう果は写していません。そろそろかな?
pandaさんへ
ここんとこネタが溜まってましたそちらのブログを見ていなかったらこれは没ネタだったろうな(^^;)
やはり毛が生えている分、ケキツネノボタンの方が目につきますね。
そうかと納得できるような痩果を撮ってみたいヾ(^^;)駄洒落かい
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR