タイトル画像

イヌガラシ

2017.05.16(07:01) 8804

道端の舗装の割れ目に生えていたアブラナ科の花、イヌガラシのようです。今年はスカシタゴボウに注意してたので気が付きました。それにしてもスカシタゴボウも田起し前の田圃など幾らでも見られますね。秋吉台でもイヌガラシは何度も見ていたけどすっかり忘れていたな。
イヌガラシ

所謂菜の花もかなり野草化していますがこちらの方がより野草らしいですね。
イヌガラシ

萼片が褐色のせいか全体が黄色くなる菜の花に比べて地味ですね。
イヌガラシ

一つの果序の中に蕾や花や果実期のもあって一層地味なようです。
イヌガラシ

雄しべ6本雌しべ1本十字形のアブラナ科らしい花、花自体は菜の花より小さそうだ。
イヌガラシ

果実の長さは1.6-2cm、測っていませんがスカシタゴボウより明らかに長い。
イヌガラシ

葉はスカシタゴボウより裂け方が浅い、これは殆ど裂けていません。最下部の葉は羽状に裂けるようです。
イヌガラシ

葉の基部は耳状に小さく張り出すがスカシタゴボウ程強く抱かないそうですがこの辺りは微妙なようです。
イヌガラシ

アブラナ科イヌガラシ属

(5月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ハルザキヤマガラシ | ホームへ | オランダガラシ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する