タイトル画像

ホソバウンラン

2017.05.20(07:01) 8821

急斜面の上に群生しているホソバウンラン、一株だけ咲いているのが見えました。
ホソバウンラン

周りは蕾さえついてないのに一株だけ綺麗に咲いている。
ホソバウンラン

一株咲けば十分なので登ってきた甲斐がありました。
ホソバウンラン

所謂仮面状花、上唇と下唇が強く癒着し下唇中央部が大きく膨らみオレンジ色になっています。花の内部に侵入するには力の強い昆虫でないと入れないようで昆虫を選別する機能があるんでしょうか、昆虫が入る様子を見てみたい。
ホソバウンラン

花冠の下に長い距、先端に蜜が溜まっているのが見えてます。萼片も見えてますがこちらは平凡ですね、花冠だけ目的に合わせて大きく変化したようです。
ホソバウンラン

下唇が外れているのがありました、外してみるつもりだったからちょうど良かった。
ホソバウンラン

上唇に沿って長短2組の雄しべ、その間に丸い柱頭が見えています。雄しべはシソ科に似ていますがシソ科の柱頭は2裂するのでこれとは全く違います。
ホソバウンラン

名前の通り細い葉、
ホソバウンラン

オオバコ科ウンラン属

(5月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<シャク | ホームへ | ツクシタツナミソウ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する