タイトル画像

シャク

2017.05.20(07:02) 8822

この辺りの道端に群生しているシャク、1m以上と高くなるので目立ちます。
シャク

複散形花序の花
シャク

一つの果序は周辺の花が大きく一つの花は外側の花弁が大きい、でもハナウドほど極端ではありません。
シャク

5本の雄しべが突き出ているがこの時期まだ雌しべは見えていません。花盤から蜜が溢れている。
シャク

花盤から2本の花柱が出ている、雄しべはすっかり落ちている。
シャク

少総包片は反り返っているが総包片はありません。
シャク

2ー3回羽状複葉
シャク

セリ科シャク属

(5月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<マルバタチツボスミレ(距が2つ) | ホームへ | ホソバウンラン>>
コメント
こんな感じの葉や花は山で見かけますが丈は短いです。
1m以上と高くなっているのを見たらシャクですね。
グル-プで行くので、立ち止まっていられないので歩きながら撮ります。
花撮りは花の好きな人と行かないと立ち止まってくれないです。(苦笑)
【2017/05/20 18:03】 | komakua2t #- | [edit]
komakua2tさんへ
セリ科はセントウソウのように低くて小さい花もあれば、シャクのように大きいもの
これかさいてくるシシウドなんかは2mを超えることもあり様々ですね。
高さだけでは判定できませんがこれは割と分かりやすいかと思います。
団体で行くとどうしても興味に差が出るから一つのことに集中するわけにはいきませんね。
同じ花好きでも対照に差が出てゆっくり撮れないこともあります。
元々単独行が好きなのでそのような観察会に参加することはないのですがこういった理由もありますね。
【2017/05/20 18:50】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する