タイトル画像

オオキヌタソウ

2017.05.21(07:01) 8825

台地上の石灰岩の岩陰に生えているオオキヌタソウ、本来は山地の林内に生えるそうでかって台地上が山林に覆われていた名残かもしれません。
オオキヌタソウ

長い茎を伸ばして多数の花を咲かせます。
オオキヌタソウ

すぐ近くにも群落、今年は台地上の別の場所でも見つけましたが探せばまだあるかも、でも県の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
オオキヌタソウ

集散花序、ゴチャッとしています。
オオキヌタソウ

花冠が5裂、先端が尖っている、雄しべは5本、葯の色が白いですが熟すと黒くなるようです。
オオキヌタソウ

柱頭は2裂
オオキヌタソウ

花冠が6裂しているのもありました。
オオキヌタソウ

4輪生の葉で有柄、キヌタソウは無柄で属も違いヤエムグラ属です。
オオキヌタソウ

茎の上部にありましたが托葉でしょうか。
オオキヌタソウ

アカネ科アカネ属

(5月11日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ナンゴクウラシマソウ | ホームへ | フタリシズカ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する