タイトル画像

ミヤマナルコユリ

2017.05.27(07:00) 8846

林縁に生えているミヤマナルコユリ、ミヤマとついているけど麓で普通に見られます。ナルコユリはいたる所で見られますがミヤマナルコユリは湿っぽい場所が好きなのか台地上ではまず見られません。
ミヤマナルコユリ

葉は卵形または長楕円形、ナルコユリは披針形でこちらの方が幅広く見えます。主脈に白い筋が入っていますが園芸種の血をひいているのかもしれない。
ミヤマナルコユリ

花序が左右に分かれています、下にぶら下がるナルコユリとの一番の違い
ミヤマナルコユリ

葉脈から出た長い果柄が葉の主脈に沿って伸びています。
ミヤマナルコユリ

葉の基部に緑色の突起があるのはナルコユリと同じ、
ミヤマナルコユリ

キジカクシ科アマドコロ属

(5月17日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<アサツキ | ホームへ | ハマボッス>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する