タイトル画像

ミゾコウジュ

2017.05.27(07:01) 8847

藪の中に生えていたミゾコウジュ
ミゾコウジュ

かっては普通に見られる野草だったそうですが全国的に現象、各地で絶滅危惧種に指定され本県でも絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
ミゾコウジュ

シソ科らしい唇形花、花冠や萼片に毛が多い、下部に苞葉があるようです。
ミゾコウジュ

花糸に三角状の突起があります。同属のキバナアキギリに仮雄しべと同様のものでしょうか。ここから昆虫が入ると上から雄しべの葯が下がってきて花粉を背中につけます。ミゾコウジュでは初めて見ましたが小さな花なので気が付かなかったようだ。
ミゾコウジュ

対生する葉には短い柄がある。葉脈が凹み細かな皺がある。
ミゾコウジュ

茎は四角で下向きの細毛が生える。
ミゾコウジュ
(5月17日撮影)

後日近くの場所、背後の耕作地は昨年大群生していた場所、今年は作物を植えるようで耕されていて群生は無理のようです、でも片隅に生えていました。
ミゾコウジュ

これで50cm程、1mくらいになることもあります。上部で枝分かれして花穂をつけますが一斉に咲くことはないようで地味ですね。
ミゾコウジュ
(5月22日撮影)

シソ科アキギリ属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ヒナギキョウ | ホームへ | アサツキ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する