タイトル画像

フトヒルムシロ

2017.05.30(07:01) 8861

溜池に葉を広げているフトヒルムシロ、今まで別の溜池で一度だけ見ていましたが全く近寄れず、あまり足を運ぶこともありませんでした。
フトヒルムシロ

水面に浮かんでいる浮葉、水中には枕水葉があり区別にはそちらの方が肝心のようだ。浮葉は楕円形で縁が波打ち赤みを帯びているのも多い。
フトヒルムシロ

水面から花穂を直立させる。
フトヒルムシロ

この日は無風で水面が鏡のよう、反射して写っています。
フトヒルムシロ

望遠で撮ってみましたが何とか花が咲いているのは分かる。かなり特異な構造をしているようでマクロで撮ってみたいよ~。
フトヒルムシロ

手を伸ばして何とか一株引き上げてみました、沈水葉はついてなかった。
フトヒルムシロ

これが托葉でしょうか、長さ4-8cm,やや固く宿存する傾向が強いそうです。ヒルムシロの托葉は膜質で腐朽しやすいそうです。
フトヒルムシロ

花穂だと思ったけど果実に生っていました、昨年のが残っているんでしょうか。
フトヒルムシロ

画面上部に見えるのが果実かな、4つあり花柱が残る、翼のある果実のようにみえるのは葯隔かもしれない。発芽率は悪く殆どシードバンクを形成するとか。
フトヒルムシロ

ヒルムシロ科ヒルムシロ属

(5月17日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ミズタビラコその2 | ホームへ | ハルタデ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する