タイトル画像

トチバニンジン

2017.06.05(07:00) 8883

薄暗い林内に生えているトチバニンジン、真上から撮っていることから分かるように背はそれ程高くなくこれで5,60cmくらいでしょうか。
トチバニンジン

こちらは近くの別の株、以前はもっと大きかったので代替わりしたんでしょうか。球状散形花序をつける。頂部のは両性花序、脇から出ているのは雄花序だそうです。まだ蕾ばかりだから確認できない。
トチバニンジン

長い花柄を伸ばす。
トチバニンジン

雄しべが直立、花弁は平開していますがだんだん反り返ってくる。子房が割と大きい。
トチバニンジン

整った5弁花、中央に雌しべが見えていますが柱頭が5つあるようにみえる。花柱は2本なんですけどね。
トチバニンジン

夏になるは真っ赤で派手ですが花は地味です。薄暗い林内に咲くから色より匂いでアピールしているんでしょうか、人間には感じませんが。
トチバニンジン

これは最初の株、花弁は落ちて雄しべもなくなりかけ、雌しべの柱頭が開き始めています。
トチバニンジン

5小葉の掌状複葉、これがトチノキの葉に似ているから栃葉、全体の姿がオタネニンジン(所謂朝鮮人参)に似ているからあわせて栃葉人参
トチバニンジン

ウコギ科トチバニンジン属

(5月27日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ムギラン | ホームへ | ナツハゼ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する