2017. 06. 13  
水路の中に咲いていたオランダカイウ、カラーと言ったほうが通りがいいかも、私も和名は初めて知りました。植えられることも多いですが逸出して半ば野生化しているのもよく見かけこれもそうでしょう。
オランダカイウ

今まで見かけることはあっても特に調べることはなく改めて調べてみるとサトイモ科ですか、成る程仏炎苞と肉穂花序だわ。
オランダカイウ

肉穂花序、これが花の集合体。
オランダカイウ

雌雄異花のようで基部の方に雌花があります、上の雄花との境が割とくっきり。
オランダカイウ

短い花柱を持った柱頭が僅かに突き出ている、周りのぶつぶつはひょっとして花弁か。
オランダカイウ

境辺りは雄花とも雌花ともつかない中間的な花もあります。
オランダカイウ

花序先端、雄花ですが白いのはなんでしょう、花糸それとも葯
オランダカイウ

花序中間辺り、白いのが枝分かれしているようにも見えます。
オランダカイウ

葉はやはりサトイモの葉に似ています。
オランダカイウ

サトイモ科オランダカイウ属

(6月1日撮影)
NEXT Entry
オニルリソウ
NEW Topics
アイナエ
アカネ
オケラその2
ヤマジノギク
オオユウガギク
ヨメナ
ノコンギク
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
当地でも道端の湿地に毎年律儀に咲きます。結構強い性質なんでしょうね。雌花と雄花の境は観察していませんでした。
多摩NTの住人さんへ
こちらでも近所で逃げ出したのを見ることが出来ます、中には群生している場所も。
庭に植えられているのはあまり見かけないんですけどね。
ここまでまじまじと観察したのは初めてでした、
見慣れた花でも詳しく見ると面白い発見があるものです。
こんばんは、我が家の庭にも咲きます。
蔓延るので抜いても抜いても、いつの間にかも復活して18年。
毎年綺麗な花を咲かせます。
26日に引っ越すのだけど、連れて行こうかな?
と思うくらい、手こずったオランダカイウ
草が生えるよりましなところに植えよかな…なんて(^^ゞ

だけど、やっぱり連れて行かない
pandaさんへ
よく庭に植えられているけどそちらでも植えてましたか。
初めは一株二株だったんでしょうか、逸出したのがあんなに増えるんだから庭では増え放題かw。
種子で増えるんですかね、それとも栄養繁殖。
全部連れて行くわけにもいかないし引越し先でも増えるだろうからほっておくのが無難かな。
達者でな(^o^)/~~~ByeBye!!、
オランダカイウの方も抜かれなくなるのでせいせいしたぜ、と思うかもヾ(^^;)

26日引っ越しですか、梅雨入りしたけど晴れの日が続きますね。
当日も晴れたらいいですね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR