2017. 06. 13  
林道の舗装の隙間に生えていたオニルリソウ、この林道で毎年見ていますがこんな生え方は初めてでした、これは楽でいいわ。
オニルリソウ

これで高さは1m近く
オニルリソウ

茎を真っすぐ伸ばし枝状に長い茎を分岐しています。
オニルリソウ

青紫色の花、大きさ4,5mmでオオルリソウより一回り小さい。
オニルリソウ

花弁基部にビーズ状の付属体、花の奥に5本の雄しべが見えている。
オニルリソウ

赤っぽい花もありました。
オニルリソウ

既に果実も出来てきました、まだ未熟で花柱も残っている。オオルリソウは萼片が平開するのに対してこちらは反り返る、でも未熟な内はそれ程反り返りません。
オニルリソウ

4分果、棘状の毛の先端が丸くなっていて面ファスナーのようにくっつくんでしょうね。
オニルリソウ

茎には開出毛、オオルリソウは伏毛
オニルリソウ
(6月1日撮影)

後日別の林道、この場所も毎年出てきます。

オニルリソウ

こちらは初めて、林内作業道沿いにまとまって生えていました。オオルリソウよりは多く見られます。
オニルリソウ
(6月5日撮影)

ムラサキ科オオルリソウ属

おまけ、今年のホザキザクラ、一株しか出ておらず花も2つだけ、それも萎んでいた。綺麗に咲いていた様子はこちらから、年年歳歳少なくなっています。
ホザキザクラ
(6月1日撮影)

サクラソウ科ホザキザクラ属
NEXT Entry
コシロノセンダングサ
NEW Topics
ヒメジソ(紅葉)
野菊(冠毛)
ニョイスミレ
ウメバチソウその2
ムラサキサギゴケ
ヒゲコスミレ
ツタバウンラン
カワラスガナ
コムラサキ(果実)
サツマイナモリ
ツルグミ
ホトケノザ
シマカンギク
アワコガネギク
ヤマラッキョウ
ラッキョウ
キッコウハグマ
ヤサカブシ
センブリ
カタバミ(4弁)
Entry TAG
秋吉台  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR