タイトル画像

キクムグラ

2017.06.16(07:00) 8927

ヤエムグラの仲間は区別が難しいし花を撮るのも難しい、取り敢えず撮ってみるけど没にすることも多い。
キクムグラ

これは葉の幅がやや広いのでキクムグラかな、倒卵状楕円形だそうです。
キクムグラ

4輪生の葉、2枚が本物で2枚は托葉が変化したもの、葉腋から茎が伸びるので左右のが葉、前後のが托葉でしょうか。
キクムグラ

花は2,3mmと小さい上に長い果柄で揺れるのでなかなか鮮明に撮れません。4枚の花弁に4本の雄しべ2裂した柱頭が何とかわかります、赤いのはダニ。
キクムグラ

花柄基部に線形の苞がある。小さな花には小さな虫、蝶や蜂虻など大きな昆虫は目にすることも多いけどこんな小さな昆虫も受粉に大きな役割を果たしているんでしょうね。
キクムグラ

2分果の果実、毛の先端が曲がっているようです。くっつき虫ですが服についているのはあまり見かけないけど靴紐などについているのはよく見かけます。
キクムグラ

アカネ科ヤエムグラ属

(6月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<コナスビ | ホームへ | ヤマムグラ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する