タイトル画像

ミクリ

2017.06.17(07:00) 8932

川一面に群生しているミクリ
ミクリ

ミクリには色んな種類がありますが秋吉台では本家ミクリだけ、でもあったらあったで区別はかなり難しそうですけどね。
ミクリ

茎の上部が花序となり下方に雌性頭花、上方に雄性頭花をつける。
ミクリ

雌性頭花、栗の実に似ているから実栗、そのまんまだ。
ミクリ

白い部分が柱頭で下部の緑色のが花柱でしょうか、柱頭に微毛が生えているようだ。
ミクリ

こちらは雄性頭花、一見古く茶色になった雌性頭花のように見えます。
ミクリ

拡大すると確かに花糸と葯があります。
ミクリ

ミクリ科ミクリ属

(6月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<シモツケ | ホームへ | クララ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する